Archive for 7月, 2013

先日手元にやってきたちょっと古い時計。
アンティークというべきか微妙なところなんですが、1950~60年代のものです。
時計メーカーは”Le Cheminant(ル・シェミナン)”だそうです。

メーカーについてはあまり有名ではないのですが、問題なのはその「中身(キャリバー)」です。

この時計が使っているキャリバー(心臓部)は、「フェルサ693」という、「両方向自動巻」を世界で初めて実現した点など、結構有名かついろいろな時計メーカーで採用された機械だとか。

フェルサ6**シリーズにはいろいろなバリエーションがあるのですが、その中でもこの機械は「トリプルカレンダームーンフェイズ」と言って、月、日、曜日と月の満ち欠けを表示できる、結構な複雑機構を持ってます。
#但し、月は手動です(笑
しかも、このシリーズでも高級な部類に入る「25石」装備となっています。

アンティウォッチマンさんで見ている時は写真が不鮮明で迷っていたのですが、手元に来てから軽く磨くと、ちょっとしたヤレ感を残しつつキレイな輝きを取り戻し、とても良い雰囲気を醸し出してくれてます。
オーバーホール直後で精度も文句なしですし、値段を考えると、見た目も性能もかなりな掘り出しものでした。